読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のらりくらり日常日記

子育てや好きなものの雑記などをだらだらと

しまうまフォトブックに大満足な親

雑記 子育て

写真はたくさん貯まれど、印刷はなかなかできず。


フォトブックとかやりたかったけどなかなか高い。義実家にも送らねばならぬというプレッシャーも感じつつ、ずっと1年溜まりに溜まって、最近snsで発見した「しまうまプリント」。


https://www.n-pri.jp/photobook/


やすい、やすいぞ。A5スクエア・39ページで298円。送料かかるけど、気軽に作れて嬉しい。ズボラなわたしにはほんと助かる。


以下今回やった上の反省点。

*画像の解像度高いもの必須。ブレがないものじゃないと綺麗に印刷されない。

*レイアウト全部同じにしたほうがオシャレ感ある。 


写真選ぶのに、あれもいいなこれもいいなで時間がかかり、全てにキャプション入れるのにも時間がかかり1冊注文完了するのに約30分。


いやでもこれはいいな〜。

子が成人する20年後まで、ぜひサービス続けてくださいおねがいします。


f:id:stimpy0106:20170317112832j:plain




忙しい月に突入して瞼がぴくぴくしている親

雑記 1歳児

忙しい。

 

奇数月は仕事で締日ということもあり、とても忙しくなる。復職して、仕事はサポートに変わったけど、これは産前から変わらない。

 

時短勤務&フルタイムのまぜこぜ勤務なため、フルタイムが続くと夜ミルクで起きる疲労も相まって週末は瞼がぴくぴく止まらない。

 

週末、子どもと過ごす時間を楽しみにラストスパート頑張るぞ!!!!!!!!

『キラー・エリート』にハートを揺さぶられた親

映画

映画『キラー・エリート』。タイトルとジャケットからして、またもやB級感。しかし、なんと私の大好きなSAS絡みとジェイソン・ステイサムロバート・デ・ニーロほか豪華俳優出演ときたもんだ。見るしかない。

映画 キラー・エリート - allcinema

 

やっぱりジェイソン・ステイサムは最強

暗殺の師匠・ハンター(ロバート・デ・ニーロ)が任務失敗、代わりにSAS相手を暗殺、しかも事故に見せかけろと言われて、臆せず計画をして実行していくダニー(ジェイソン・ステイサム)。そして、そこに対抗していくスパイク(クライブ・オーエン)。

SASといえば、世界の初の特殊空挺部隊。私は「MASATERキートン」で存在を知り、その最強っぷりで記憶に強烈に印象つけられていたので、たとえ面白くなくとも映像みるだけでいいやと思っていたが、ただのドンパチ脳が筋肉でできてる映画じゃなかった。

暗殺部隊、依頼者、SASを守る秘密組織、が絡み合うサスペンス。面白い。秘密組織のおじさん達が極めて“イギリス人”で、秘密組織の窓口のスパイクがまたいい。SASがたむろしているパブでThe Clashが流れたりそういうの好きな私としてはムフフと思う次第でございます。

そして、相変わらず強いステイサム。どうやったらステイサムに勝てるんだ?もはや人質いるぐらいでは、勝てないよね敵は。

 

ひょうひょうとしたベテラン暗殺者のデ・ニーロ

ストーリー、アクション、終り方いいバランスで面白かった中、デ・ニーロがまたいい味だった。

もうおじいちゃんな動きでステイサムに比べたら銃撃戦の戦い方とか隙だらけに見える風なのが、なんというかそこはかとない“亀仙人”的なデ・ニーロ。

ラストの方でのベテランぷりがすごくよかったかなあ。

落ちも意外で、落としどころがよいと感じた映画だった。原作も見てみよう。

 

今年は見た映画×2面白いと感じるから、当たり年だな。

 

 

MASTERキートン 完全版 コミック 全12巻完結セット (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)

 

 

 

静寂の0歳児クラス

1歳児 0歳児 雑記

保育園に預け初めて早10ヶ月。

保育園では夕方からは0歳〜5歳まで全部一つのクラスに集めら、お兄さんお姉さんのお友達が下の子達と一緒に遊んだりしている。なので、いつもお迎えにいくと、泣いたり笑ったりの賑やかな教室。息子はいつもお姉さん達がかわいがってくれていて、「お前のモテ期は今だな」と思ったりするのが日課。

ところが昨日。外から教室を覗いたら、どうやら0歳児クラスだけでおもちゃで遊んでいて、フフ可愛いなとか思ってクラスに行くと、無言!静寂!奇跡的に誰も泣いていないので、カチャカチャとおもちゃの音のみの教室。

そうか、0歳児、バブバブ言うけどおしゃべりするわけじゃないもんね・・・・・・と、ちょっと呆気にとられるのらくら母。

そうこうしているうちに、お兄さんお姉さんのお友達がわーっと教室に入ってきて、いつもの日常に元通り。

今は静寂だけど、来年度から1歳のクラスになるから息子もお兄さん側になるんだもんな。

しっかり面倒を見るお兄さんになるだぞ、息子よ。

いないいないばあで隠れる遊びを覚えた親子

子育て おめでとう 1歳児

いないばあ! 0歳未満のころはそれをするとフフっと笑う程度の息子。

 

そんなくらいの反応だから、こちらも全力では最近あんまりしなかったけれど、息子君、どうやら“隠れる遊び”のアビリティをゲットした模様。

 

自分の手を口元で隠して、「ばあ〜」

すっけすけの犬の柵に隠れて、「ばあ〜」

 

手で隠してるの口元!隠れてない!

犬の柵!すけすけで見え見え!隠れていない!

 

しかしながら、こんな端から見たらどうでもいいことも、成長のひとつとして非常に嬉しく可愛くおもっている。

 

いつか思春期にぐれたときにでも見せて

「やめろよ、ババア!(照れ照れ)」となるように、動画におさめておこう・・・・・・。

 

は〜子どもの成長ってすごいもんだ。

頭皮の乾燥に悩む親子

健康 雑記 産後 病気

頭皮がかゆいんです。産後、乾燥肌にチェンジしてしまい、この冬は辛い日々・・・・・・。

息子も同様。

眠くなると体が温かくなると頭皮をかきむしりだす。

 

息子はヒルドイドローションを処方されているので、とにかく赤箱石鹸とヒルドイドローションでがんばるしかないにしても、すごくかゆいです、私。

病院に行く暇がなくて、ずっとハンドクリームなどを頭皮に何とか塗ったりしているものの、改善せず。

ネットでシャンプー検索してみても、親身にこうしたほうがいいというアドバイスがあったあと、特定のシャンプーを進められるサイトばかり。

そうじゃないのさ。求めているのは。

椿オイルとオイル入りシャンプーで対策

オイルマッサージが良さそうと思ったので、とりあえず椿オイルのHPをみたらマッサージの仕方の動画もあり、購入決定。

www.oshimatsubaki.co.jp

そして、シャンプー。薬局、トモズで売っているブランドのAPSのシャンプーを購入!

もともとこのオリジナルブランドのアメリカン・ファーマシーは、安くていいなとお世話になっているので、ダメ元で買った。864円!美容院で勧められためられたシャンプー8000円強!無理!

 

tomods-ap.com

購入初日、子どもを寝かしつけて暗闇の部屋の中でオイルマッサージ。そして、シャンプー2回。お風呂上がりにびっくり、いつもお風呂上がりでは既にかきたくなるのがおさまり、頭皮もむけていない。というかガサガサが少ない!

感涙!

問題は寝ているとき。夜中かゆくなることもあり、起きてしまうのが悩みだったのも、かゆくならず。

とっととこれをやっておけばよかった・・・・・・何故あんな無駄な時間を・・・・・・。

f:id:stimpy0106:20170227121830j:plain

これ以降、まだ日中かゆみはあり、頭皮もガサガサなので改善はしていないかもしれないけど、かゆみの苦しみは半減。

とはいえ、これでいいのかも手探りなので、やはりはやいうちに病院に行かなきゃなあ。くすん。

『バトル・フロント』におもしろびっくりした親

映画

アマゾンプライムの映画視聴は本当にありがたい。

通勤中行き帰りで一本見て、時間があっという間!いい時代だ!

 

さて、今度は既に筋肉肉弾戦で世代交代したであろう、ジェイソン・ステイサム

主演 ジェイソン・ステイサム×制作・脚本 シルベスタスタローンの『バトル・フロント』を見た。かぐわしいほどのB級映画感! 暑苦しくドンパチな予感!

 

http://battlefront.jp/

 

序盤のロン毛のジェイソン・ステイサムが必見

主人公フィル(ジェイソン・ステイサム)は麻薬潜入捜査官。で、序盤にその潜入捜査をしていた姿が・・・・・・ロン毛・・・・・・フフっとする。いつぞやのニコラス・ケイジだね・・・・・・。

 

f:id:stimpy0106:20170227121045p:plain

こりゃ、終始“肉弾弾祭り”かな。と思いきや、意外とちゃんとしたストーリー。妻に死なれて一人娘とともに、捜査官引退して亡き妻の田舎にお引っ越し。新たな人生を、とその矢崎には、なんと地元の厄介ママ&パパともめ事。それを切欠に、過去の因縁とが絡み合い、フィルはかつての姿に戻っていく・・・・・・。

 

書いてると王道スト—リーだな。厄介ママ&パパとのもめ事のくだりが、なんかこう、リアリティがあるなと。このままこじれるのか?!と思っていたら意外や意外な展開にもなるし。

厄介ママのでぶっちょガキは嫌な奴だけど、家庭背景を見ていると、なんかこう悲しみも覚えてくる。

 

映画にでてくる田舎って(ハートフル以外)だいたい飲み屋で揉めるよね。

そしてそこは噂のるつぼだよね。RPGでの情報収集はバーに行けというのを思い出しつつ、海外の荒れた田舎は怖いなあ・・・・・・とアホみたいな感想を持ちつつ物語はどんどん進んでいく。

 

やっぱりステイサムは最強

ジェイソン・ステイサム(とヴィン・ディーゼル)の出て来ただけで何とかなる感は異常。『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』の時はスタイリッシュなイギリス人だったのにな。

ということで、やっぱり元麻薬潜入捜査官は最強。襲い来る怖い奴らをものともせずばったばったと倒していく。うーん、強いこの男。

B級感を薄めたのは、脇役が豪華だったからだろうか?

厄介なママはオシャレ美人セレブのケイト・ボスワース。ジャンキーモンペママがすごいハマってた。その兄貴役の悪い奴が、スパイダーマンの親友でおなじみのジェームズ・フランコ。そしてまさかのその兄貴の恋人が、ウィノナ・ライダー・・・・・・ウィノナ・・・・・・元気だったんか・・・・・・。

 

ベタな話だけど筋肉バカな話だけではなく、素直に面白かったと思えた映画だった。

バトルフロント(字幕版)