のらりくらり日常日記

子育て記録、すきなもの、日記、思い出など。ただただ何の役にもたたないことを書くだけ。

月を見て歌をうたう夜

奇跡のようなロマンチックな夜が訪れた。日中に「今日は満月だよね」と会社の先輩が言った。星座のアプリを入れて夜空を見ながら見るのが楽しい、子供と一緒にみるといいんでは? と教えてくれたので早速ダウンロードし長男と夜眺めてみようと思った。

 

帰宅してから夕飯をそこそこに、色々慌ただしく過ごす。お風呂後、アンパンマンのグミが食べたいと大いにごねる長男。買い置きし忘れていた自分を心の中で叱咤して、しょうが無いからと一緒にコンビニに行った。口ずさむは「つのつのいっぽん赤鬼どん。つのつのにーほん青鬼どん。こころうーかれてこころうーかれておーどりだっすー」をエンドレスでうたう。

 

夜は鬼がみてる、というのがスタンダードなので住宅街の木の隙間から見える電灯の光に鬼がいる・・・と神妙な顔をして移動し、車に入念に気をつけて歩く。湿気のない風が心地よい。が、折角外にいるのに私は満月のことをすっかり忘れていた。

 

家に帰って冷蔵庫に買っておいたドーナッツが誰かに食べられていることに怒り吠えをし、バタバタと寝床に入って一息ついた時。携帯のMusic ライブラリをいじりたいと言う長男。『ファイディング・ドリー』で流れた、ルイ・アームストロングの「What A Wonderful World」を流し始めて一生懸命うたおうとしている。「へんなうただね〜」と英語が難しいようで「これは英語っていうんだ。abc〜だよ」と教えながら、窓際にあるベッドの上でそれをゴロゴロしつつ口ずさむ。そこでようやく窓に目をやり満月であることを思いだした。

 

「ほら、今日はまんまるお月様だから見て御覧」といって、窓から満月を愛でるわたしたち。赤ちゃんは、唄っている私たちをニコニコ笑いながら見ていた。

 

残念ながらお月様は雲に隠れてしまい、長男の興味はうたうことに集中。何度もリピートして渋く響きわたるルイ・アームストロングの歌声と、雲から出たり入ったりの満月を眺める私。あまりのロマンチックな状況に目眩がするほどだった。素敵すぎるこの夜。

 

ルイ・アームストロングの顔を眺めてかっこいいね、という息子。そう言ってくれてなんだかとても嬉しい。その後は『カーズ3』の「Ride」と「エンジン」をリピートしだしたので一緒にノリノリにうたった。慣れたもんでどっちもギターのメロディーを口でてれれれれ〜と言っていて、子供の吸収力は凄いなあと感心。そして、結婚式ごっこもそうだけど連日このようなロマン溢れる出来事が頻発して感動が止まらない。

 

その日は寝かしつけもすんなりいって暗い部屋で振り返る。食べられたドーナッツへの怒りも浄化された。すると猛烈にお腹が空き、卵かけご飯と残り物の焼き豚をバクバク食べて寝ることにした。心もお腹も満たされた。

夜空を見ながら歌を唄う遊びを何度も重ねていこう。そうしよう。

この素晴らしき世界

アラフォーをお姫様扱いをしてくれる長男の話

ピアスをしていればお姫様、スカートを履いていたらお姫様だねと言ってくれるジゴロな3歳5ヶ月。きっと絵本のなかのお姫様に似たものを身につけてるとそう思うんだろう。単なるハンドメイドの激安500円のピアスも彼の目にしたらキラキラなお姫様の宝石と同じ。そして、お姫様扱いをしてくれることにあな嬉し。

 

そして日曜日、お昼を食べて一緒に昼寝をしたくて堪らない母は子供部屋で寝っ転がりながら遊んでるのを眺めて、「そろそろ眠くなってきたんじゃない?」と誘いつづけて、断られてゴロゴロ。半分寝ながら次男と長男が遊んでいるのを(おもちゃの取り合い)声で聞いているとそのうち、ワミーでわっかを作って、違う部屋にいるジジやお父さんに王冠みたいにしてプレゼントしてまわっていた。

その様子を見に行って、微笑ましいねえ。でも眠いねえ。と思ってみていたら、「おかあさんにもあげる。これでけっこんしよう」と言い出して、「あかちゃん、おとうさんいわたして、あっちいこう」と子供部屋に誘われた。

いつもとは違うごっこ遊びに、ほうほう何をするんだ?眠いんだおかあさんは。とおもっていた私はそのあと衝撃をうける。

ここに立って、と言われてたっていると、椅子をずりずり持ってきてそこによじ登る長男。おしい、私と並んでも少し背が足りない。「おかあさんと同じくらいになったね」と言い、「そうだね」とそっと気づかれないように屈むと、結婚式のブーケよろしくわっかを乗せてくれた。な、な、な、なんと・・・・・・まじで結婚式のように!どこで知ったんだ。そして向かい合ってぎゅーっとハグをしあう私たち。

若干呆然としつつ、かわいくて堪らない気持ちになっていると、次男と旦那氏がやってきた。嬉しさを噛みしめながら、今けっこんしているんだって肩を組み合う長男と私。

最終的に皆で結婚しよう、と抱き合ってこのごっこ遊びは終わりを告げた。

 

眠気も吹き飛ぶような素敵な思い出。アラフォーのいい年でこれからどんどん老いていく私に、いつまでそういう風にお姫様扱いしてくれるんだろうか。10年後にはババア!って言われてるかもしれない。この日の思い出、絶対に忘れるものか。

 

そして間違いなくこのごっこ遊びは保育園でやっているだろうから先生に聞いてみよう。男の子たちって、おかあさんと結婚したいよねー。とか言い合ったりしてるんだろうか? あんまりそんなイメージ、ないけどなあ。

 

胸がいっぱいになったというのはこのことかな、という長男のかわいさを目の当たりにしたとある休みの日のお話。

 

ワミー (Wammy) ベーシック200 9色 200ピース KCT-BC112

長男の叫びにみた淋しさ

帰宅してからの子供達のピーチクパーチク具合はとどまることをしらず兎にも角にも全力で寝かしつけまでを過ごすこと数週間。

 

あるとき、長男が誰よりも早く食卓で彼特別メニューのカレーを食べ終え遊び出すと思っていたら「ももたろうの絵本よんで!」と、遊ぶスペースで私を呼び出した。その時は絶賛次男に離乳食をあげてその隙間で私もご飯をかき込んでいる時。「食べ終わったらで良い?」というも、そんなことが許されることもなく、「だめ!いま!」と怒り出した。

以前はそのまま膝の上に絵本を持ってきて、長男には食卓で絵本を読みながら次男に離乳食をあげるをしたら納得していたのに、その日は。「ぼくのために、いまやってよ!」と言われて、ずきゅーんと、すごく胸に刺さってしまった。かわいい!とかそういうことじゃなく、そうしてほしいという欲求をストレートに言われて、ああ、淋しい思いをさせてしまっているんだという事実に直面して、切なさというんだろうか。ショックに近い気持ちが心のなかにうまれた。なんという破壊力のある言葉だろうか。

次男は泣かずにいそうだったのでとりあえず離乳食をストップして抱っこして絵本を2回読んだところ、満たされたのか怒らずにニコニコして解決した。

 

今までのイヤイヤ期の理不尽だとおもっていたのは、やっぱり淋しさの裏返しでもあったのかと。

その後、次男と近い月齢がいる前の会社の先輩達とLINEをしていたときに、たまたま、子供のころの淋しさは今でも覚えている、という話題になった。先輩達はそれぞれ弟や妹がいて下の子を見ていないで、私を構ってとおかあさんに強く思っていた時期があり、それぞれに淋しい思いを抱いていたと言っていた。

私は末っ子だったので上の思いというものをそうなのかと知った。

 

男の叫びとこの先輩達の幼少期の思い出の話が今たまたまリンクしたのは何かの縁か。なるべくなら淋しい思いをさせたくないから、無理難題にもちゃんと向き合っていきたいところ。そしてそのうちに次男を後回しにし続けていても・・・・・・の時がいずれ来るんだろう。その時長男はどういう風に成長しているのかな。楽しみだ。

くらい夜のさみしい日