のらりくらり日常日記

子育て記録、すきなもの、日記、思い出など。ただただ何の役にもたたないことを書くだけ。

長男と説教と無

友人宅に集まり“Uber Eats カロリー祭り”をした。子供が説教をされているときの反応について、年齢性別が違えど共通点があることに気がついた。

いけないことをしたとき、準備が遅いとき、片付けをしないとき・・・・・・などなど大なり小なり説教をする場面は常日頃でてくる。怒られる前になぜやらない、とよく思うけどまあ子供だからそこまで考えがまわらないのかもしれないが、どうも怒っても怒っても同じことを繰り返すので、ここ最近は「いまおかあさんが何をしなさいっていった同じことを言ってみなさい」といったら、「えーっと、なんだっけえへへ」みたいな反応がほとんどだった。

数回話して「〜ということでわかった?」「はい!」返事の元気はいい。こっちとしてもよし、わかったんだなとおもっていた。

怒っても“怒られているという事実”のみわかっていて、“怒られている内容”については理解していないのでは。さらに、怒られると耳がパタっととじるかのようにシャットアウトできるんだろうと友人達と結論に至った。

結論に至ったが、じゃあどうやって対策を練ればいいのかは思いつかず。私は「聞いてないふりだと思っていたがふりじゃなかったのかあれ」とちょっと笑えてきた。なんて都合良くできているんだろう。これじゃ、のび太のび太のママじゃないか。

聞いてなくても根気よく聞かせなきゃいけないことはしっかり言わなきゃならないし、もうどうでもいいことは諦めるのしかないんだろうか。

 

友人と別れた後に、たまには怒らずに穏やかなお母さんでいるようにがんばろうと車を運転しつつ決意を固め保育園に迎えに行った。

家に到着し「ストライダーに乗りたい」と長男。「いいよいいよ、でも制服脱いで遊ぼうね。じゃないと転んだときに膝をすりむいてしまって痛くなるからね」と言った途端にイヤダイヤダと始まってそこから玄関に寝っ転がり猛抗議。結局、穏やかになれず雷をおとしつつ制服を脱がして着替えさせた。私の決意はあっという間にどこかにいってしまった。

一朝一夕にはいかず。日々鍛錬ですな・・・・・・。

今日から怒らないママになれる本!