のらりくらり日常日記

子育て記録、すきなもの、日記、思い出など。ただただ何の役にもたたないことを書くだけ。

無になった数ヶ月

年明けから数ヶ月、精神的に「無」になった。起きているとき、そして寝ているときも気持ち悪さと戦い、“これをすれば楽になる”はずのものがコロコロ変化し、日々こなしていくので精一杯の日々。つわりだ。こんなにも辛かっただろうか。

前回のつわりは、寝ているときは大丈夫だった。が、今回はそうもいかなく、毎日夜中に気持ち悪さで目が覚めた。この世の全てを呪いたくなるような日が続き、仕事中にえずきながら死んだ目をして生活。頼りたい旦那氏は、多忙により年明けから月に休みが1日あればいいほうで、帰りも夜中、朝も日の出前という状況なので休みの日は寝かせてもらう作戦もできなかった。ゾンビのような私と、元気な息子。息子にしてみたら、母の体調なんてものは関係がない。ジジババと遊ぶということではダメ、少しでも気分転換にと公園にいって、枯れ葉の上にすわり、枯れ葉をお魚に見立てて遊び、お空を見上げて飛行機を見つけるというなんだそれ? な休日を何度か経て、ようやく落ち着いてきた。

朝おきてまず吐かなくて良い朝、暖かい日差し、きれいな花々。こんなにも世界は輝いていただろうか。もう何もかもうまくいかないよね? もうこれダメだよね? 妊娠したといったら仕事くびになるんじゃね? といった、負の精神が続く豆腐メンタルもなくなってきた。これからは、冷静に先々のことを考えていかなければ。

息子には、そろそろ大丈夫かと思った頃合いに、下の子が産まれてくるよと大人が口々に言うようにした。そのような絵本も買ってみた。すると、今までそれほど母にべったりではなかったのに、最近は「おかあさん、おかあさん」と抱っこをせがんだり夜中にむくりと起きて私の姿を探す、ということが増えてきた。もしやとおもうが、これは赤ちゃん返りの予兆・・・・・・。思ったより可愛らしい。

趣味が受け付けなくなってしまった。息子の時もそうだった。漫画も小説もゲームも映画も海外ドラマもラグビーも観ようという意欲が薄れてしまった(来年は待ちに待った日本でのラグビーワールドカップ開催なのに!!いや、ラグビーは観たい。観たいがチケットが高すぎる。諦めざるを得ない)。とはいえ、意欲ないから観ないからといってストレスが溜まるわけでもない。不思議なもんだ。

息子のイヤイヤ期もなんとなくコツを掴んできたので、なんとか怒り爆発しないで日々を過ごし、無事に出産できるようにしてきたい。いろいろやるしかないのだ。がんばろう。

おへそのあな