のらりくらり日常日記

子育て記録、すきなもの、日記、思い出など。ただただ何の役にもたたないことを書くだけ。

イヤイヤ期と自立心と息子

2歳1ヶ月、日に日にイヤイヤ期がバージョンアップしていっている。保育園ではとくにそのような兆候はなく、おうちで何かの拍子に激怒されることが多い。

ネットで「イヤイヤ期 対応」などど調べてしまった。なるほど、余裕をもって自立のひとつだとおもえと。それでも実際激怒されると、マニュアル通りにいくわけもなく。そうだった、乳児のころも育児書やネットの情報をみても、当てはまらなくてなぜ? とよく思ったんだった。

友人と話すと、本当にこの頃はびっくりする理由で怒ってイヤイヤしていたけど、急にぴたっとなくなって逆に戸惑った。といっていた。そして、その当時は、イヤイヤ期って抜ける時来るから、その時までガンバレ! という励ましの言葉に、いやいまがつらい! と思っていたと。そして、イヤイヤして手がつけられなくなったら、少し放っておくのも手だよ、そう言われて、肩の荷が下りた。

息子の激怒パターンは、理不尽なものもあるけども、自立心を邪魔された時のが多い。理不尽パターンは布団をかけ直して憤慨。こぼしたご飯を取ってあげたら憤慨。子供扱いするんじゃねえ! ということだろうか。うーん、わからん。

自立心パターンは着替え、歯磨き、手を洗う、おもちゃのブロックを触ろうと思ってたのに触られるという、今からやろうとしてたのに! で激怒する。先日は寝るときに部屋の扉を勝手に閉めたところを激怒。冷たい廊下に座り込み、猛抗議をされた。俺は断固抗議する!!と。

でもあんなにいやがっていた歯磨きも、自分でやらせるようにしたらすんなりやるようになったから、この成長期をうまいこと利用しない手はない。服が逆でも、靴下がちぐはぐでも、そんなことは別にいいんだってことなんだな。

そして、今しかないこのイヤイヤ期ならば、激怒された事象を全てメモって置こうと思った。きっと笑って見る日が絶対くるんだろうから。

 

でも、たまに凄く疲弊するからちょいちょい息抜きしていこうっと・・・・・・。