のらりくらり日常日記

子育て記録、すきなもの、日記、思い出など。ただただ何の役にもたたないことを書くだけ。

2017年という石の呪いの年

同居している母が腰が痛いと、明らかにいつもの腰痛とは違う痛がり方をした。時刻は丁度寝かしつけの時間。病院に行くように言っていたのに行かずにいたらこの様子。これはおかしい、この痛がり方はアカンやつと思い、救急の病院を教えて無理矢理父とともに車に押し込み病院へ。既に私は、仕事が終わった週末で明日はクリスマスの準備で間違いなく忙しくて、旦那は多忙で居なくて、不安に思いつつも横になっていることにした。病院さえ行ってしまえばあとは待つことしかできない。

そして日付が変わる前に帰ってきた。寝ることにしたけど、寝られはしなかったので聞くと結構でかめな尿管結石だと。石! また、石!!

 2016年の年末、同じように旦那はお腹を痛がり救急車に乗った。息子はまだ夜泣きをする頃で、起きてしまったらどうしようと心配だったけど父に見てもらい同行。胆嚢石だった。そして今年の2017年の10月に手術をした。

まさか、身内から2人も石保持者がでるとは。これはやはり食生活がいけないのか。っていうことは、私も父も危ないんじゃないか。手術は来年早々の予定で、とりあえず私にできることは「限度額認定書」の発行手続きと銀行の口座を確認することだ。

予定していた家でのクリスマスパーティーも、同級生との忘年会もしっかりやりきった。色々乗り切って、恒例のガキ使を見て大笑いして年を越したい。それにしても石、怖いなあ・・・・・・。