のらりくらり日常日記

子育て記録、すきなもの、日記、思い出など。ただただ何の役にもたたないことを書くだけ。

アウトドアヴィレッジに楽しむ親子

もうすぐ2歳の息子。ジジと旦那が「今年は雪を見せてあげたい」と熱望していて、その時に着る防寒具はさすがに西松屋ではかわいそうかなと、昭島にあるアウトドアヴィレッジに。ここは去年まだ乳飲み児のころコールマンのテントを買いにドライブがてら来て、とてもよい雰囲気だったので再訪したかった所だった。エリア内はそんなに混雑していなかったことも嬉しかった。が、昨日は駐車場が満車が目立つほど混んでいた。なぜ? と思ったら、珍しい(とスタッフの人はいっていた)「お買い物券10%プレゼント」というセールの日だという。おやおや、セールですか。たまたま来た日がセールということは、これはお導きということか。こういうラッキーがあると、財布の紐はガバガバになってしまう。

お目当てはノースフェイスのアウターか、モンベルのアウター。ノースフェイスはやはり高かった。機能とデザインはパーフェクト、だが値段は13,000円〜。モンベルは7,000円〜13,000円以内だし、防水防風のアウターも揃っていて、カラフル。サイズも90㎝からあった。2歳でノースフェイス。悩む。それほど高機能ななものを今着せるか? 4歳くらいにノースフェイスのアウターを着せたほうが良い気がしてきた。しっかりと上下揃えて。どれぐらいこれから成長するかわからないので、モンベルにしようとレジに向かったが、何故か長蛇の列。そしてなかなか動かない。我らの欠点。それは待つのが嫌だということ。それに2歳間近の息子もじっとはできない。ということで、他の店見て、欲しいものがなければ後日別の店舗のモンベルに買いに行こうとなった。

そして隣の店のColombiaへ・・・・・・。ダークホースだった。かわいい、サイズもある、値段もモンベルより安い! 6,900円のフリースとリバーシブルのアウターを購入。定員さんにそこで言われた。「このレシートを持って、割引券に交換してきてくださいね」ああ、10%割引券がもらえるっていってたなと、子供と旦那は外で遊んでてもらって、交換所に行く。そこで初めて知った、今回のセールの詳細を。購入した商品の合計金額の10%の割引券がもらえると。買えば買うほど高い割引券がもらえる。どのブランドでもどの商品でも問題ない。 な、なんだってーー! と思わず叫んでしまった。ノースフェイスにて、旦那も私も素敵なアウターを見つけてしまっていた。優秀な店員さんの接客に心がぐらぐらと、もう首輪がぶっ壊れたピットブルのようになっていたのだった。この詳細をあそこで楽しそうに走り回っている旦那に教えたらもう結果は目に浮かんでいた。かくかくじかじか。「さっき見たときあのダウンは最後の1点だったという。数時間経った今も、その商品が残っているのならばそれは私達元に来る運命だったということだ」といういつもの恒例の自分達の都合の良いぶん投げ思考にて入店し、めでたく、旦那の商品を購入。そしてまた引換券で4,000円分の割引券をもらい、またノースフェイスに行く。私のアウターを割引購入。そしてまた割引券がもらえる。恐ろしい無限ループ。並んでいるとき、別の夫婦の会話が「やばいじゃん、これいつまでも買い物終わらないよ」いや、ほんとこのシステム、魔物過ぎる。ただ、息子のアウターを買いに来ただけなのに、夫婦そろってしかもデザインも似たものを買ってしまった(前回きたときは全く同じノースフェイスのカットソーを買っていた)。買った後に「頑張って働こう」そう言い合う二人。そして手元には最後に購入した分の割引券。2月末まで有効だそう。・・・・・・いやいや、もう暫くは来まい。

f:id:stimpy0106:20171211112932j:plainColombiaでみつけた激カワファーストシューズ

ヴィレッジ内はちょっとしたアスレチックがあり、子供達はそこを楽しそうに走り回れる。息子も然り。ボルタリングができるエリアも併設しているし、もう少し大きくなったらそういう遊びも良いかもしれない。個人的には恒例イベントという焚き火でマシュマロを焼いて食べる、外国映画でしか見たことないものに参加したかった。

f:id:stimpy0106:20171211113136p:plain小路を何度も何度も往復する。地面のふかふかチップは転んでも痛くない。

そして今朝。防寒はアウトドアブランドに限るなあ・・・・・・と買ったことは間違いではないと言わんばかりに保育園に行く道中に思った朝だった。