のらりくらり日常日記

子育て記録、すきなもの、日記、思い出など。ただただ何の役にもたたないことを書くだけ。

『キラー・エリート』にハートを揺さぶられた親

映画『キラー・エリート』。タイトルとジャケットからして、またもやB級感。しかし、なんと私の大好きなSAS絡みとジェイソン・ステイサムロバート・デ・ニーロほか豪華俳優出演ときたもんだ。見るしかない。

映画 キラー・エリート - allcinema

 

やっぱりジェイソン・ステイサムは最強

暗殺の師匠・ハンター(ロバート・デ・ニーロ)が任務失敗、代わりにSAS相手を暗殺、しかも事故に見せかけろと言われて、臆せず計画をして実行していくダニー(ジェイソン・ステイサム)。そして、そこに対抗していくスパイク(クライブ・オーエン)。

SASといえば、世界の初の特殊空挺部隊。私は「MASATERキートン」で存在を知り、その最強っぷりで記憶に強烈に印象つけられていたので、たとえ面白くなくとも映像みるだけでいいやと思っていたが、ただのドンパチ脳が筋肉でできてる映画じゃなかった。

暗殺部隊、依頼者、SASを守る秘密組織、が絡み合うサスペンス。面白い。秘密組織のおじさん達が極めて“イギリス人”で、秘密組織の窓口のスパイクがまたいい。SASがたむろしているパブでThe Clashが流れたりそういうの好きな私としてはムフフと思う次第でございます。

そして、相変わらず強いステイサム。どうやったらステイサムに勝てるんだ?もはや人質いるぐらいでは、勝てないよね敵は。

 

ひょうひょうとしたベテラン暗殺者のデ・ニーロ

ストーリー、アクション、終り方いいバランスで面白かった中、デ・ニーロがまたいい味だった。

もうおじいちゃんな動きでステイサムに比べたら銃撃戦の戦い方とか隙だらけに見える風なのが、なんというかそこはかとない“亀仙人”的なデ・ニーロ。

ラストの方でのベテランぷりがすごくよかったかなあ。

落ちも意外で、落としどころがよいと感じた映画だった。原作も見てみよう。

 

今年は見た映画×2面白いと感じるから、当たり年だな。

 

 

MASTERキートン 完全版 コミック 全12巻完結セット (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)