のらりくらり日常日記

子育て記録、すきなもの、日記、思い出など。ただただ何の役にもたたないことを書くだけ。

『ザ・ファイター』にぐっときた親

 アメリカのプロボクサー「ミッキー・ウォード」の伝記映画の『ザ・ファイター』。マーク・ウォールバーグ(tedの熊じゃないほう)が目当てで観たので、途中から「ドキュメントっぽいな。あ、伝記映画なんだ」と気がつくのらくら母。

映画 ザ・ファイター - allcinema

おもしろい、という一言で済ませたくない、名作映画だった。

 

荒ぶるマークの演技が何よりも好きなので、わくわくしながら観ていたけど、途中から脇を固める俳優達の素晴らしい演技にこれはただの肉弾弾映画ではない、と思い、襟を整え、スマホ(アマゾンプライムにて視聴なため)を持ち直した。

 

怖いくらいの演技をするクリスチャン・ベール(兄貴役)とメリッサ・レオ(母)そしてパンチのきいた姉達

ここに出てくる奴らの腐り加減たるや、もうすさまじい。ただのバカというより、ほんとうにどうしようもないくらいの肥だめのような生活。

肥だめ世界の筆頭の兄貴役のクリスチャン・ベール、すごい。こういう腐った人のもつ、怖さというか、危なさとか不安定さがびんびん伝わってきてすごい。ボクサーとしての“過去の栄光”にだけ縋って、そこだけが誇り。誇れば誇るほど見える、悲しさ、あな辛し。

息子が大事で、ボクシングのマネジメントをする母役のメリッサ・レオ。大事だ大事だといいつつも、果たしてそれは息子(兄&弟)のためか?本当に?となんかずれていると思うけど、後半に見られる、やっぱり愛情だと伝わるシーンで、ぐっとくる。

どうやら、この二人これでアカデミー賞を取っていたとみた後に知り納得。

主人公にはこのイカれた悲しき兄のほかに、父親がちがう姉達がいるんだけども、これがすごい。完全にスケバン姉貴達。下品、口悪い、群がる、暴力的、まさに外道

それでもこの姉達も家族が大事というのが最後に伝わったのがよかったなと。

ストーリーも、俳優達の演技も、マークの筋肉も、全部がハマった。

 

パンチが効き過ぎている身内に囲まれて、完全に末っ子気質のミッキーことマーク・ウォールバーグ。自己主張がほとんど周りにかき消されてしまう悲しさ。そこの演技もまた見事!

 

勝てないボクサー、薬中で自己主張の強い兄貴、家族のためという大機名分をかざしてアレコレ口出す家族、そこから抜けださせようという彼女・・・・・

 

今まで観た、感動もののボクシング映画とはちょっとちがう、でも心からよかったね。とグッとくる最後で、いい映画を見られたとしみじみ思った。

 

グッとくる撮影秘話

この映画でマークは自分のギャラ権利放棄して、体を作り込むのに実費をかけた、という男気のある記事を見た。

どこまでかっこいいんだ、マーク・・・・・・。

最初と最後の兄弟のインタビューシーンは、クリスチャン・ベールマーク・ウォールバーグの即興だとか。

好きすぎる!!!!!!!

 

f:id:stimpy0106:20170223173648j:plain

作り込んだこのマークの背中。・・・・・・言葉が出ません。

いい映画って、本当にプライスレス。

 

 

ザ・ファイター (字幕版)
 

 

 

ザ・ファイター スペシャル・プライス [Blu-ray]

ザ・ファイター スペシャル・プライス [Blu-ray]

 

 

寝かしつけ方法について考える親

寝かしつけ。子どもを産んで、今のところ一番苦労しているのはこれな気がしているのらくら母。

 

低月齢のころから1歳になった今まで、寝るときぐずって泣くのは変わらず。方法だけが変わっていく寝かしつけ。低月齢のころに本当にお世話になって助かったと思ったのは「まんまる寝床」だった。

 

驚異のまんまる寝床(0ヶ月〜4ヶ月)

既に1歳の子を育てている友人から進められた、「まんまる寝床」&「おひなまき」。

寝ても直ぐ起きてしまって、その間はずっと泣いているという今思うとゾッとする状況(多分今思うとミルクが足りなかったんだと思うけど)で、ダメ元でやってみたら、効果抜群!!!!

THE 神!!!

寝床は、授乳クッションにタオルを引いてできあがり。

おひなまきと友達に教えられた本は、アマゾンでぽち。

巻き方は↓で数日練習。

おひなまきの使い方 | トコちゃんベルトの青葉 産前から産後まで骨盤ケア 効果を検証する抄録集も

おひなまき 2枚組 Mサイズ

カリスマ助産師トコちゃん先生の赤ちゃんがすぐに泣きやみグッスリ寝てくれる本

寝返りをする4ヶ月くらいまでは、ぐっすり寝ることも増えてこちらも体力が回復できた。寝る子はこれしなくてもすっと寝るんだよねえ。

抱っこゆらゆら&背中マッサージ(5ヶ月〜1歳)

動き回るぐらいから、神アイテムの「おひなまき」も意味をなさず、抱っこしてゆらゆらゆらゆら・・・・・・。お腹いっぱいであれば数分で寝るようになり、寝る時間も長くなり・・・・・・。

寝るとき泣くのすごいんですよね、と、産前によくいっていた鍼灸師に言ったところ、「背中の背骨のところを、歯ブラシとかで服の上から縦にゴシゴシとこすると、落ち着くよ」と教えてもらい、ぐずったときは背骨をゴシゴシ。

最近これだ!と発見したのは、息子の背に服の中に手を入れ、やさしくマッサージをするように背骨あたりをマッサージすると、あら不思議。

気持ちよくて寝る模様。

これか、これだったのね!ここに、たどり着くのに半年かかるとは!

 

気持ちよさげにしている子を見るのはやはり嬉しいもので。

 

ところで、寝るときに泣いてぐずるのは何歳までするんだろうか。

 

一〇キロ超えたでっかくなったわが子を抱っこして寝かしつける図を想像してゾッとしつつも、きっと2歳くらいにはすっと寝るよね・・・・・・と信じて今日も頑張ろう。

感情がはっきりしてきた親子

1歳になる少し前から、感情が豊かになってきた息子。

低月齢のころは、笑うどころか、涙を流さずに泣くか無表情がデフォルトで、赤ちゃんてもっと表情あるものじゃないの?と疑問に思っていたのらくら母。

 

嬉しいときはのけぞって叫び、気に入らないときは怒り、嫌なことは涙を流して泣き、楽しいときは笑う・・・・・・喜怒哀楽が出てきた。

で、可愛い可愛いだけではダメなのが現実社会。

ダメなことをしたときの対応(母)とその反応(子)

例えば、コンセントいたずらする、噛む、など、命にかかわりそうなことや、保育園のお友達にやったらダメなことについて、最初、赤ちゃんだからまだいいのかなとか思っていて保育園の先生に相談したところ、

「赤ちゃんでもダメなことはダメというのは認識しているので、言い聞かせるのはアリですよ」

と仰っていた。

で、早速実行してみたところ・・・・・・

母「(こうこうこうで)ダメなんだよ」

息子「・・・・・・(目線をはずして)へらへら、ニヤニヤ」

 

な、なんだその反応は!!!!

完全にごまかしにいっている!!!「えへへ〜」って!おまけに抱きついてごまかそうとしている!!!!

びっくりし笑ってしまう。赤ちゃんと思ってなめていた。

え、これでいいのか?これ続けているうちに分かってくれるの?と新たな疑問が生まれる。

 

怒るときは真剣に

早速保育園の先生に報告。すると、

「怒るときは真剣な顔をして、言い聞かせるといいですよ。笑ってしまうと、真剣さが伝わらなくてわかってくれなくなります」

やはりそうですか・・・・・・。

そして、3歳の子をもつ友人にも話したところ、そのごまかす仕草は父親が怒るときにその反応をすると。3歳になったいまだに怒られているときに笑いを取りに来るとのこと。

「笑うとなめられるから注意せよ」

なるほど・・・・・・。

真剣にやらないといけないと、その頃に心に決めて早数ヶ月。

いまだに同じ事で言い聞かせが続いている。

 

まあ、そんな簡単にいかないよね。いつかわかってくれるだろうと今日も危ないいたずらをする息子に朝から言い聞かせるのらくら母でありました。